家を買うときはローンを組むのが一般的

新築一戸建てとローン

銀行で新築一戸建て購入の相談しましょう

銀行で新築一戸建て購入の相談しましょう 新築一戸建てを購入する際、最も悩ましいのが予算の確保と言えます。
近年はマイホームの価格が下落しているとは言え、新築一戸建てではそれなりの費用がかかります。
大きな買い物となりますので、その財源確保に多くの人が頭を抱えているのが実情です。
当然のことながら購入代金を一括で支払う資力を持っている人は皆無で、一般的にはローンを組んで支払うこととなります。
このときどれくらいの金額のローンを組めば良いのか、そしてその返済期間はどの程度にすれば良いのか、などといった点で考慮が必要となります。
全額ローンを組む場合もあれば、多少の自己資金を支払って残りをローンで組むなど、その手法は様々です。
どのような形でローンを組めば良いのか、その適切な方法を伝授してくれるのが銀行です。
今や多くの銀行では住宅ローン専門のスタッフを配置させ、悩みを持った顧客に対して適切なアドバイスをしています。
専門のスタッフは知識が豊富にありますので、個々の顧客の資産状況に応じた最適なプランを提示してくれます。

新築一戸建てを購入するときの資金調達方法や選び方

新築一戸建てを購入するときの資金調達方法や選び方 新築一戸建てには注文住宅と分譲住宅の2つの選択肢があります。
すでに土地を持っている人は注文住宅が良いでしょう。
基本的に家が完成するまでは住宅ローンを借りられないので、着工金や中間金は手持ちの資金から出す必要があります。
もしくは「つなぎ融資」を利用するという方法もあります。
分譲住宅はすでに完成した家を購入するので最初から住宅ローンを借りられます。
新築一戸建ての定義は、「家が建てられてから1年以内かつ人が住んだことがない一戸建て」です。
築年数1年以内でも人が住んだことがあったら中古となります。
つまりは、新築一戸建てを購入して一度でも住んだら中古となってしまうので、その後すぐに売却しようとしたら大きく価値が落ちてしまうということ。
やり直しはできないと考えて慎重に自分に合った新築一戸建てを選びましょう。
建てられてすぐの家と、10カ月程度経過した家とではやはり後者のほうが価値が落ちます。
安く買うためにあえて数か月経過した家を選ぶ人もいます。