新築一戸建ての購入か賃貸かの選択

新築一戸建てとローン

新築一戸建ての購入か賃貸かの選択

新築一戸建ての購入か賃貸かの選択 新築一戸建てを買うかそれとも賃貸に住み続けるかの選択は常に難しい問題でしょう。どちらにもメリットとデメリットがあります。それらを比較検討した結果として、一時期はやはり新築一戸建てという結論を出している人も多かったのですが、最近では必ずしもそうではなく、大きなことを言えばその人の将来にわたっての物の考え方とか人生設計、あるいは経済情勢などをどう考えるかにもよる話でしょう。
例えば、賃貸では賃料をいつまでも払い続けなければならず、それはお金を捨ててしまうようなものだという考えもあります。しかし一戸建てを購入したからと言ってそのような概念とは一切無縁かというとそんなことはありません。自分のものになった以上、自分で維持管理や必要な修繕をしなければ価値は落ちていく一方です。そのためにはお金は出ていくことになります。建物はそうでも、土地は残り続けると考える人もいますが、人口減少社会であるこの日本では、土地の値段が維持されるという保証もないでしょう。

新築一戸建てのコストパフォーマンスについて

新築一戸建てのコストパフォーマンスについて 新築一戸建てというのはどんな人にとっても憧れでしょうが、コストパフォーマンスという点では少し立ち止まって考えたほうが良いかもしれません。というのも、一つの例として、新築一戸建てを購入したけれども何らかの事情があって直後に手放さないといけないというようなことも現実には発生することがあるわけですが、このような場合、物理的には新築と何ら変わりはない状態であっても物件としては中古と見なされ、中古と見なされたというだけの理由で価格的には2割から3割程度は下がってしまうというのはこの世界では常識だからです。
この2割から3割程度の価格差は新築プレミアとも呼ばれ、物理的には何ら違いはないのに新築という名前が付くだけで上乗せされてしまう価格ということもできます。同じお金を出すのなら、築直後の中古住宅を購入するほうが広く充実した物件を手に入れられるということでもあります。もちろん、それでも新築の持つ魅力が大きいという人がいることは否定しません。