新築一戸建ては分割払いが多い

新築一戸建てとローン

新築一戸建ては分割払いが多い

新築一戸建ては分割払いが多い 新築一戸建てを購入するときの支払い方法にはいくつかあります。自己資金に余裕がある場合には一括払いで購入することもありますが、新築一戸建ては高い買い物となることが通常のため、多くの場合には分割払いで対応することが多いのが現状です。
注文住宅の場合、着工前に支出する前払い、着工中に支出する中間払い及び竣工後に支出する後払いの3分割で支払われるのが一般的です。その比率は概ね前払いが代金額の30%、中間払いが代金額の40%、後払いが代金額の30%となっています。もちろんこの比率は請負業者によって様々で、また前払いのみ省略したり中間払いのみ省略するといったケースなど、支払うタイミングもいろいろとなっています。中には全額後払いを認めているといったところもあります。支払期限は前払いが着工後1ヶ月以内、後払いが竣工後1ヶ月以内となっているところが多いですが、中間払いについては請負業者によってケースバイケースです。

新築一戸建てを購入する際のポイント

新築一戸建てを購入する際のポイント 新築一戸建ての家を購入するというのは、人生において最も大きな買い物と言えます。家の大きさやスタイルによってことなりますが、最低でも1500万円は必要です。高い住宅だと一億近く必要です。
それで慎重に探して良い新築一戸建てを購入する必要があります。失敗しないためのポイントは日当たりです。日当たりが悪いと、家の中が暗くなります。昼間でも電気をつける必要があります。電気代が高くなる上に日当たりの悪い家はカビが発生しやすいので健康も害してしまいますので、日当たりをしっかり確認しましょう。一度だけでは無く、時間帯や日にちを変えて何度も確認する必要があります。日当たりに加えて風通しも確認すべきです。別のポイントは、安全面です。家の周りが静かであるなら落ち着いて生活ができますが、あまりにも静かで人通りが少ないなら危険です。ある程度周りに住宅がある事が大切と言えます。よく調べるなら快適な住宅に住む事ができます。