家を買うときはローンを組むのが一般的

新築一戸建てとローン

新築一戸建てを購入するときのローンの組み方には、大きく分けて3種類のタイプがあります。
それぞれのご紹介をして行きます。
一つ目が長期固定のフラット35などで35年間金利が確定している商品で、二つ目に変動型金利タイプの商品で短期プライムレートに連動して半年ごとに金利の見直しがあります。
最後に固定期間が3年や5年・10年と定められた商品で固定期間が終了すると、また固定期間を決めてそれに応じた金利が確定します。

新築一戸建てを購入するときのローンの組み方

新築一戸建てを購入するときのローンの組み方 では、実際に新築一戸建てを購入するときのローンの組み方の特徴やメリットやデメリットをご紹介します。
長期固定商品では、ローンを組んだ時に全期間の毎月の支払い額が確定するものであとあとの返済額の目安が立てやすくなります。
デメリットは金利が高いことです。
次に変動金利タイプですが、こちらは、現在では、非常に安い金利で1%を切っている商品もあります。
デメリットはいつ金利が上がって来るかがわからないところです。
先が読めないところがあるので心配性の人には向いていない商品になります。
最後に固定期間が定められた商品では、二つの商品の中間的な位置付けで金利も2番目に安く、金利の変動リスクも固定期間を長くすることで安心感が出ます。
この様に新築一戸建ての購入ではローンの種類によって支払い方が大きく変わります。

新築一戸建てを購入する時に払わなくてはいけない仲介手数料の基本

新築一戸建てを購入する時に払わなくてはいけない仲介手数料の基本 新築一戸建てを購入する時には、不動産会社とのトラブルを起こさないようにするために仲介手数料に注意をしておくことが大切です。
新築一戸建ての紹介をしてもらう時には仲介業者と媒介契約を行って紹介をしてもらうことが大半です。
一戸建てを建築した不動産会社が別の不動産会社に仲介を依頼している場合には、買主と売主の間に仲介業者が入って取引における調整の業務を行います。
この時に専門的な媒介契約を行っていると不動産会社に対して仲介手数料を支払わなくてはいけなくなります。
仲介手数料の上限金額は法律によって決まっていますので、必要以上に多くの手数料を請求することはできません。
ただ、上限金額ギリギリまで請求することは認められていますので、業者選択を間違ってしまうと余計な人数料を支払わなくてはいけなくなります。
仲介手数料の中には販売時に行われる宣伝や広告料金も含まれていますので、それらの広告料金が買主側の手数料として含まれている場合には交渉でその価格を取り下げてもらうことを考える必要があります。
原則として仲介手数料は成功報酬として支払われるものであるため、前金として相手から請求されても支払う必要がないということに注意をしておかなくてはいけません。
余計な費用をさけるためにも、新築一戸建ての購入時には仲介手数料に気をつけておきましょう。

新築一戸建て関連情報

さいたま市で新築一戸建てを検討